ナース服の洗濯のあれこれ

一見すると白くて清潔なナース服ですが、血液などの体液や、細菌などがついてしまい、取扱いには十分注意する必要があります。洗濯に関しても、多くの看護師は病院でナース服を洗って管理している人が多いとされています。しかし、そういった管理も病院によては対処出来ない場合があります。そうなってしまうと自宅で洗濯をするか、クリーニングに出して綺麗にする以外に方法は無いと言えます。ナース服を自宅で洗濯することのメリットは、簡単で翌日には着用することが出来るという点です。デメリットは、前述したようにさまざまな汚れや菌が付着している場合があるので衛生面などに問題がある、家にそういった菌を持ち込む可能性があるということです。一方、クリーニングに依頼する場合のメリットは、自宅などを汚す可能性が無いという点や清潔な状態でナース服を着用することが出来る点です。デメリットは、クリーニングが終わって戻ってくるまでに時間が掛かる、という点や自己負担でクリーニング代を支払わなければならない場合があることです。クリーニング代に関しては、勤めている病院によっては病院側が負担してくれることもあります。ただ、ナース服は毎日汚れ、毎回洗う必要のある制服です。時間が掛かりすぎて返却されずに着る服が無くなってしまう、というトラブルが発生することもあるので、注意が必要です。病院で勤務する際には、こういった看護師などに対する対応にも気をつけて勤務先を選ぶことが重要だと言えます。