医療事務の制服はナース服?

医療機関で働くことを目指している方々の中には、ナース服に憧れているという方も多いことでしょう。そこで、やはり気になるのは、医療事務として働く場合、着用する制服はナース服なのかどうかという点でしょう。その答えは、それぞれの医療機関によって異なっているということです。医療機関によっては、医者や看護師、また薬剤師などは白衣を着用し、看護婦はナース服を着用するのが一般的です。医療事務として働く場合は、その医療機関によって支給された事務服を着用する所があります。また、別の医療機関では、事務員でも看護婦と同じようにナース服を着用する場合もあります。それで、自分が勤務する医療機関に問い合わせ、そこの規定に従って着用することができます。一般に、医療機関で働く医者や看護師は白衣を、看護婦は白色や淡いピンク色といった明るい色を着用するものです。このように明るい色を着用することには非常に大きな意義があります。なぜなら医療現場においては、明るい雰囲気がたいへん重要になるからです。病気や体の不調のために暗い気持ちになってしまう患者も多いことでしょう。こうした現場で働くスタッフが、明るい色の制服を着て笑顔で接してくれるなら、現場を明るくするのに大いに役立つのです。それで、自分が勤務する医療機関において、医療事務の制服がナース服か別の事務服かに関わりなく、清潔感のあふれた明るい雰囲気を醸し出せるよう心がけたいものです。