ブランドのナース服について

ナースがお仕事をする上で欠かすことができないものがナース服です。医療に携わる人間は清潔感をキープすることが重要で患者さんから他の患者さんに二次感染させないためにもナース服は必須なのです。ナース服には、様々なタイプやブランドがあるものの常時清潔なものを身に着けられるのであればブランドに拘る必要は無いでしょう。現在のナース服というとワンピースタイプのものとジャケットにパンツを合わせるタイプの2種類に分けられます。カラーリングも従来から用いられている白以外に薄めのピンク色やブルーというように様々な色が用意されてます。病院によってタイプや色が指定されている場合があるものの、指定が無いようであれば動きやすさを重視したものを選ぶようにしてください。また、気分を変えたりより一層高い性能を求めるのであればブランド品を購入するという方法もあります。一般的にはあまり認知度が高いとは言えないもののナース服はメーカーからも販売されているため価格には差異があります。メーカー品の場合は2千円台から1万円台で、拘りがなければ2千円から5千円台で用意することができます。メーカーが販売している白衣というのは、凝ったデザインのものが多く看護師さんや患者さんなどから声をかけられることがあります。しかし、機能性と価格のバランスに重きを置いた場合、無名の製品であっても高い質が保障されているので失敗してしまうということはありません。

続きを読む

ナース服の洗濯のあれこれ

一見すると白くて清潔なナース服ですが、血液などの体液や、細菌などがついてしまい、取扱いには十分注意する必要があります。洗濯に関しても、多くの看護師は病院でナース服を洗って管理している人が多いとされています。しかし、そういった管理も病院によては対処出来ない場合があります。そうなってしまうと自宅で洗濯をするか、クリーニングに出して綺麗にする以外に方法は無いと言えます。ナース服を自宅で洗濯することのメリットは、簡単で翌日には着用することが出来るという点です。デメリットは、前述したようにさまざまな汚れや菌が付着している場合があるので衛生面などに問題がある、家にそういった菌を持ち込む可能性があるということです。一方、クリーニングに依頼する場合のメリットは、自宅などを汚す可能性が無いという点や清潔な状態でナース服を着用することが出来る点です。デメリットは、クリーニングが終わって戻ってくるまでに時間が掛かる、という点や自己負担でクリーニング代を支払わなければならない場合があることです。クリーニング代に関しては、勤めている病院によっては病院側が負担してくれることもあります。ただ、ナース服は毎日汚れ、毎回洗う必要のある制服です。時間が掛かりすぎて返却されずに着る服が無くなってしまう、というトラブルが発生することもあるので、注意が必要です。病院で勤務する際には、こういった看護師などに対する対応にも気をつけて勤務先を選ぶことが重要だと言えます。

続きを読む

ナース服の通販について

ナース服はほとんどの場合、病院やクリニックなど職場サイドから貸与されたものを使用します。しかし、職場によっては規定の範囲内であれば自分好みのナース服を使用してもいいというところもあります。実際に仕事に使えるナース服は店舗では売られておらず、ほとんど通販で購入となります。看護師専門の通販雑誌やサイトを活用し購入するのがほとんどです。昔は白のワンピースタイプが主流でしたが、今はパンツタイプが主流となり、デザインも様々です。カラーバリエーションも豊富で、模様がプリントされているものもあり選ぶのも楽しいです。通販なのでいつでもどこでもちょっと空いた時間で購入することができるので忙しいナースにはぴったりです。何人か分をまとめて注文すると送料が無料になったり、おまけがもらえたりもするのでお得ですよ。しかし、実際手にとって見る・試着することができないのでサイズや質感などは確認できません。思っていたものと違う、ということがないように説明文や写真をしっかり確認し自分に合うかどうか見極めることが必要です。慎重に選んでください。また、前述しましたが規定の範囲内としているところがほとんどなので、規定外のものを購入してしまったということがないようにしっかり確認しておくことをおすすめします。自分のお気に入りを身に付けると気分も上がります。仕事で必須のナース服がお気に入りのものであれば仕事も楽しくなるかもしれませんよ。ただ現場によってはナース服が決まっている場合もあるので事前に確認だけはしておきましょうね。http://xn--zck7a7jl58ibkay66kdfe.com/で紹介している企業ナースはスーツがほとんどなので、ナースという言葉に騙されてはいけませんよ☆

続きを読む

マテニティのナース服について

マテニティのナース服はそのナースの妊娠が分かった時にすぐに準備をします。そのナース服は院内に在庫が残っている事がない時や業者の倉庫にストックが準備されていない時があるからです。マテニティのナース服は早めに用意し、そのナースがそれを着用する時にスムーズに物事が進むようにしなければならないです。初期の対応が遅れてしまうとナースが安全に職場で勤務を続ける事が難しくなるおそれがあります。病院の被服担当者は早めに行動する事が非常に重要です。マテニティのそれを病院に置いておけるのであれば複数のサイズを置いておいた方が良いです。様々な体格の人がそのナース服を希望します。サイズによってはなかなか手に入れる事が出来ず当事者を不安にさせてしまうケースが少なくないです。安定してナースが働く事が出来るためには事前に複数のサイズを用意しておいた方が安全です。人によっては出産後に育児や家庭の事情で復職せずに退職を選択する人も多くいます。そのような場合、その被服の返し忘れ等の問題が発生し、病院が不利益を被るケースがあります。それを貸与する時に返却の事を必ず説明する病院がほとんどです。このナース服は妊娠をしている人が慣れた職場で勤務を続けるために非常に大切なものです。少しでも貸与が遅れるとその人が心身両面でしんどい思いをする事になります。申請が当事者からあった時はスムーズに行動する事が重要です。スムーズな動きは当事者だけではなく、病院や患者の利益にもなります。

続きを読む

ナース服はワンピースだけから今は

以前は看護婦が仕事の時に着るナース服はワンピースがほとんどでした。もちろん現在でもかなり多いのですが、病院によっては男性看護師も増えてきたこともあり、そして動きやすさなどを重視して上下別々のナース服を着用している所も多くなっています。介護なども含まれるような所では特にワンピースは少ないかも知れません。しかし、やはり、ある程度の年代の人達から見た場合や、子供さん相手の場合などにはその雰囲気も優しくなるようなものが多いです。その色合いも以前は白が主流でしたが、現在では薄いピンクや水色といった目にも優しげなものを着用して仕事をしている病院やクリニックがあります。ナース服には会社などで着るような制服とはまた違うものが求められます。そのナース服を身に着けて仕事に臨む時には多くの人、それは主に患者、から責任感、思いやり、機能性、そして美しさが望まれるのです。それなので現在ではナース服はワンピースの他にパンツと上衣を組み合わせるなどをしていろいろなスタイルのものがあります。機能性を求めて、そして、色では従来は色は白と決まっていたものですが、白は恐怖感を与えることがあると言われて、変化してきています。また、それを着て、仕事をする人たちの気持ちにも配慮されるようになってきました。少しの色の違いがあるだけで気分が変わり、着るものの感情に大きな変化を与えるのです。今後もいろいろなことが考慮されて変化していくのでしょう。

続きを読む

医療事務の制服はナース服?

医療機関で働くことを目指している方々の中には、ナース服に憧れているという方も多いことでしょう。そこで、やはり気になるのは、医療事務として働く場合、着用する制服はナース服なのかどうかという点でしょう。その答えは、それぞれの医療機関によって異なっているということです。医療機関によっては、医者や看護師、また薬剤師などは白衣を着用し、看護婦はナース服を着用するのが一般的です。医療事務として働く場合は、その医療機関によって支給された事務服を着用する所があります。また、別の医療機関では、事務員でも看護婦と同じようにナース服を着用する場合もあります。それで、自分が勤務する医療機関に問い合わせ、そこの規定に従って着用することができます。一般に、医療機関で働く医者や看護師は白衣を、看護婦は白色や淡いピンク色といった明るい色を着用するものです。このように明るい色を着用することには非常に大きな意義があります。なぜなら医療現場においては、明るい雰囲気がたいへん重要になるからです。病気や体の不調のために暗い気持ちになってしまう患者も多いことでしょう。こうした現場で働くスタッフが、明るい色の制服を着て笑顔で接してくれるなら、現場を明るくするのに大いに役立つのです。それで、自分が勤務する医療機関において、医療事務の制服がナース服か別の事務服かに関わりなく、清潔感のあふれた明るい雰囲気を醸し出せるよう心がけたいものです。

続きを読む

最近のナース服と帽子のかぶり方

看護師さんの服は、白またはピンクのナース服というのが一般的でした。ワンピース型で、ストッキングを着用しているイメージを持つ人も多いでしょう。独特な形をした帽子は、ナースキャップと呼ばれ、看護師さんの象徴ともいえるアイテムです。帽子は、平面になっていて、折り曲げることで立体にしています。そのため、一般的なキャップやハットのように、頭にかぶるというよりは、乗せると言った方が分かりやすいかもしまれません。かぶり方は、頭のてっぺんに乗せるのではなく、やや後方にするのがポイントです。真上に乗せてしまうと、頭が大きな人に見えてしまいます。サイズは頭より小さくできているのが普通で、正面から見た時に、左右が均等になっているときれいに見えます。乗せているだけだと帽子が落ちてしまうので、ヘアピンで留めます。前に2本、後ろは髪の毛の量により1~2本で留める場合が多いです。黒いヘアピンより白い物の方が清潔感があります。ヘアピンの位置は、真ん中ではなく、やや端の方がいいでしょう。ナース服は、最近ワンピースより上下に分かれたツーピース型のズボンタイプが主流になっています。動きやすい方が仕事がしやすいためです。男性看護師が増えてきたことや、より活動しやすくするためにナース服のズボンが増えています。病棟がない開業医の場合は、まだ医師のサポートの仕事が多く、ワンピース型のナース服が多いところもあります。色も白やピンクの他に、ブルーや花柄などの模様もあります。

続きを読む